当イベントにおける新型コロナウイルス感染予防対策について

1.はじめに

 本ガイドラインは、JPHACKS2020を開催するにあたり、関係省庁や専門家の知見を得て作成されたガイドラインに基づいたイベント運営のガイドラインを策定し、それに準じた運営方法を確立することで、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを低減し、イベント運営事務局としての責務を全うするために選定します。

2.基本的な考え方

 当イベントにおける感染防止対策の取り組みが、社会全体の感染症拡大防止に繋がることを認識し、対策に係る体制を整備します。また、参観者・関係者各位の感染拡大を防止するよう感染予防策の徹底・職場環境の対策の充実などに努めるものとします。

(1)感染予防対策の体制構築

– 感染症法、新型インフルエンザ等対策特別措置法等の関連法令上の義務を遵守するとともに、労働安全衛生関係法令を踏まえ、対策を制定し実施します
– 国・地方自治体・業界団体などを通じ、新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を常時収集し、適宜、組織員会・関係者各位に伝達します

(2)オンライン開催の体制構築

– JPHACKSは新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、全てのイベントをオンラインで開催致します
– 参加学生及び各種スポンサー、弊社スタッフの安全を第一に企画推進・企画実施に努めます
– 参加者が特定の場所に集まることを場合を想定し、三密対策の案内、健康状態の把握、特定の場所に集まる際のポリシーの案内を徹底することで、感染予防に努めます

(3)健康確保

– 事務局スタッフは、イベント運営の際に体温計を用いた検温を必ず行います
– 新型コロナウイルスへの感染を疑われる症状の有無を確認します
– 体調が思わしくない場合、また熱が37.5度を超える場合には、速やかに自宅待機とし、イベント運営には参加しない
– 発熱や味覚・嗅覚障害といった新型コロナウイルス感染症にみられる症状以外の症状も含め、体調に思わしくない点がある場合、濃厚接触の可能性がある場合、あるいは、同居家族で感染した場合は、リモートでの運営参加などに切り替え、運営会場等には合流しません

(4)運営

– イベント運営中(事務局会場)は極力2メートル近くの距離を保ち必要以上に接近をしないようにします
– 始業時、休憩後は、トイレでの手洗いやアルコール消毒など、定期的な手洗いを徹底します
– 飛沫感染防止のため、最低1メートル程度距離を保った座席表を作成し、着席します
– 運営中は、窓を開け換気を徹底します

(5)参加者へのポリシー

– 参加者は、イベント参加の際に体温計を用いた検温を必ず行います
– 新型コロナウイルスへの感染を疑われる症状の有無を確認します
– 体調が思わしくない場合、また熱が37.5度を超える場合には、速やかに自宅待機とし、チーム内での特定場所での開発(学校・研究室内)、外出・チームメンバーとの面会は行わないようにします
– 発熱や味覚・嗅覚障害といった新型コロナウイルス感染症にみられる症状以外の症状も含め、体調に思わしくない点がある場合、濃厚接触の可能性がある場合、あるいは、同居家族で感染した場合は、自宅参加を原則とし、チームメンバーとの面会は行わないようにします

(6)参加者への感染防止策の啓発

– JPHACKS運営事務局より参加者に対し、当ガイドライン・感染防止対策の重要性に関する説明を実施します
– 患者、感染者、医療関係者、海外からの帰国者、その家族、児童等の人権に配慮します
– 新型コロナウイルス感染症から回復した参加者やその関係者に配慮をします